30代だって留学できる!目的とビジョンが大きな自信に

いつか憧れの海外留学をしてみたい、海外に長期滞在してみたいなどと思い浮かべていても、学生の頃はお金がなくてタイミングを逃してしまい、卒業後すぐに就職したので長期の休みも取れず、結局憧れのままで終わってしまったとあきらめた経験はありませんか。しかし、30代でも目的とビジョンがあれば留学はまだまだ可能です。


海外留学は通常半年から数年程度の期間、現地の大学や語学学校に通って勉強をします。そのため、30代なら仕事を続けながらでは難しく、留学のために会社を辞めて、次の仕事を探す前に海外に行くというケースが多いでしょう。次は語学を生かした仕事がしたい、海外に残ってそのまま働きたいなど具体的な目的とビジョンがあれば、自信を持って仕事を辞めて勉学に励むことができます。海外では30代の大学生なども珍しくないので、新卒と同様に現地の会社で雇ってもらえる確率も低くはありません。海外で自信を持ってやっていけるだけの語学力を身につければ、日本語のスキルや今まで日本の会社や学校で学んだ知識と経験を生かして立派に就職して生活ができるはずです。


日本の会社が留学を推奨している場合もあります。社内公用語が英語であったり、海外との取引が当たり前になった今日では、会社に籍を置いたままで留学できる制度を設ける企業も少なくありません。そういった制度がなくても、目的とビジョンを持って上司に相談してみれば短期留学が認められる可能性もあります。


長期滞在がどうしても無理な場合は、2週間程度の短期海外滞在という方法もあります。短期間であっても集中的に学習すれば実力はしっかり身に付き、英会話に自信が持てるようになります。無理に語学学校に通わなくても短期ホームステイやファームステイなどの選択肢もあります。また、外国でワインについて学ぶコースや料理、伝統工芸などの講座に参加して、30代ならではの視野を広げてみるのもいいでしょう。


海外留学はビザの申請や滞在先の選択、海外保険の手続きなど面倒な準備がたくさんあって無理だと思うなら、国内で海外滞在と同じような体験のできる国内留学を利用する手もあります。日本のインターナショナルスクールや英会話教師の自宅などで、日本語禁止の環境で勉強をするので、まるで海外の学校に通ってホームステイをしているような気分になることができます。


いずれにせよ、大切なのは目的とビジョンをしっかりと持つことです。自分が本当にやりたいことが何なのかを知ることで自信がつき、成功する留学につながるのです。

ブックマーク

カーテンも通販でなら好きな柄が見つかる
お店ではあまり見かけないナチュラル素材も

オーディオ買取で『売ってよかった』と言われたい
過去の買取事例も参考に是非ご依頼下さい

香典返し
引き物ドットコムでお品物を探す

癌予防サプリメントコルディで愛犬の健康を維持させる
普段から身体が弱いペットはコルディを使ってみる